ビデオカメラ登場

先日、息子夫婦が遊びに来た際
息子が小さい頃のビデオを見ることになった。
我が家では元旦那にセンスが無かったため
カメラもビデオも私の担当だった。
つまり子供たちの成長記録は
全て私の手によるものなのである。

数あるビデオの中でも忘れられないのは
息子が保育園年長の時の運動会である。
最終競技だった対抗リレーで
息子は白組のアンカーとして走った。
小さなトラックを年少、年中組は1周ずつ走り
年長組だけは2周ずつ走る。

そして息子にバトンが渡った時
すでに赤組のアンカーは半周先を走っていた。
息子は必死で追いかけ追いつき
最後はほぼ並んでゴール!
けれど息子の方が半歩あとだった・・・。
負けである。

先生方は息子の健闘をたたえてくれたが
息子は悔しくて涙をポロポロこぼした。
ファインダー越しに
そんな息子の姿を追いながら私も泣いた・・・。
あ~ドラマだわ。

この感動は嫁にも伝わったらしい。
気づけば嫁はタオルを顔にあて大泣きしていた。
そしてそんな嫁を見て息子は笑いコケていた。
その後も上映会は続いた。
100メートルを11秒4で走っていた息子は
運動会だけはやたらと目立っていた。

そして次回は高校のビデオを見たいと言い残し
息子夫婦は帰って行った。
けれど、当時のビデオは撮りっぱで
つまりはテープのままの状態である。
仕方ない、とりあえず状態を確認するか。
私はそれらを押入れの奥から引っ張り出すと
記憶を掘り起こしながら何とかTVに繋ぎ
映り具合を確認した。

c0322794_23513583.jpg

このビデオカメラは当時の最新式で
ドイツから一時帰国した18年前に購入した。
幸い、何の問題も無く綺麗に映ったが
何より驚いたのは手前に写っているリモコンだ。
絶対に電池切れしていると思いきや
これがまったく普通に使えたのである。
恐るべし!電池。

けれど編集していないテープは
ざっと見ただけでも何十本もあった。
さて、これらをどうするか・・・。
今となっては気力も無い。
とりあえずTVに繋げれば見られるので
このままで良しってことで。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-10-09 23:59 | いいもの | Comments(0)