Kちゃんちへ

このたび2度目の離婚をし
めでたくバツ2となったKちゃんちへ出かけた。

私同様、離婚の際に家をもらった彼女だが
ローンはまだ残っていると言う。
その点は私の方が恵まれているようだが
話を聞く限り、彼女の元夫はとってもいい人だ。
離婚についても今後彼女が困らないように
ありとあらゆる気遣いをしているところは
何ともうらやましい限りである。

初めてお邪魔した彼女の家も
我が家同様3階建ての一軒家である。
ただ、うちほど小さく狭くは無く
築6年の家はまだ光り輝いている。
現在は、娘と保育園や小学校
学童も一緒だった息子との2人暮らしである。
彼が保育園に入って来た時には
すでに彼女はバツ1だった。

実は我が家にウンベラータをくれたのは彼女だ。
当初出窓に置くも、頭が閊えたため床に下ろされ
今や私の背丈を超えたウンベラータである。
実際、観葉植物好きの彼女宅は緑だらけで
特にトイレは植物園の如くで見事だった。
まさにあっぱれ状態だったが写真を撮り忘れた。

そんな彼女宅で、一緒に行ったKさんと3人
昼間から女子・・・もとい、熟女会である。
日頃話すこともない私には嬉しい会だ♪
けれどKちゃんはよく飲む。
次から次へと飲みまくり、目は据わり
5時間もするとしつこくからみ始めた。

私がお酒を飲まないことをブツブツ言い
Kさんがウーロン茶を頼んでも
チューハイを持って来る。
こうなると話にならない。
私たちは早々に引き上げることにした。

明日が休日で良かった。
いくら注射が得意だと言ったって
二日酔いの看護師じゃ危なくてしょうがない。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-09-14 23:59 | 仲間たち | Comments(0)