孫誕生物語2 「嫁、吠える」

時間の経過と共に
陣痛は強く、間隔は短くなってきた。
そして息子、嫁の母、私は交代で
そんな嫁の腰をさすり続けた。

嫁は私同様小柄で、しかもガリガリである。
色も白く見るからに弱々しい。
実際、あまり丈夫ではないようで
だからこそ私は妊娠初期から心配した。
けれど嫁のお産は至って順調で
まさにマニュアル通りに進んでいた。

「う~ん・・・うー」
自分の時を思えば、ほとんど声を出すことなく
痛みに耐え続けた記憶があるが、嫁は違った。
彼女は思いっきり吠えることで
陣痛と闘ったのである。
そしてその声は徐々にパワーアップした。
「う゛~・・・う゛わぁ~!!」
「うぉ~!!」
「痛~い、痛い、痛い」
「あ~もうヤダ~ヤダヤダ」
その声は静かなフロアにこだました。

実は、声を出せばそれだけ余計な体力を使う。
叫んだところで痛みが和らぐわけもなく
本番に備えて体力を残すためにも
なるべく叫ばずに堪えた方が良い。
けれど、横にいる実母が何も言わないのに
私がそれを言うことは躊躇われた。
彼女は息子の子供を産むために
一生懸命頑張ってくれているのである。

6時を回る頃、子宮口は7センチまで開いた。
あと3センチ!
いよいよゴールが見えて来たのである。
頻繁に様子を見に来る助産師が言った。
「たぶんお昼までには産まれるでしょう」
え~!まだまだじゃん。
もはや嫁は体力を使い果たした感があり
水を飲みつつ痛みと闘うも
すでに目の周りにはクマができ
その顔つきも全く変わっていた。

10時を過ぎ、やっと目標の10センチになった。
これでやっと分娩室に移動できるのかと思えば
それはもっともっと
赤ちゃんが下りて来てからの話らしい。
それを聞いた嫁はグッタリである。

嫁はずっと四つん這いで陣痛に耐えたが
下りて来易くするためには上向きがいいらしい。
ということで体勢を変え
おなかにモニターをつけ、その時を待った。
この頃には痛みの間隔は開くようになったが
痛んでいる時間も長くなってきた。
嫁はその姿勢で痛みと闘い、叫び
のたうち回った。

皆さんは40年ほど前にヒットした
オカルト映画「エクソシスト」をご存知だろうか。
悪霊に取り憑かれた少女の悪魔払いをする
それはそれは怖い話である。
今、目の前の布団の上で
苦しみ吠え続ける嫁の姿は
まさにこの少女リーガンの
悪魔払いのシーンに瓜二つであった・・・。

必死に頑張る嫁を前に
何とも不謹慎な義母である。

まだつづく。
[PR]
Commented by かりん at 2014-07-10 07:35 x
まさしく、遠い昔を思い出す光景。
私も痛いを連発し、もだえ苦しんで4030gの長男を産んだことが思い出されます。
そして、お嫁さんのその時が、これから起きる我が家の光景だと思います。
私、これから戦場に向かう心境です。
婆ちゃんデビューも楽してできませんな....
Commented by shi_chan1024 at 2014-07-10 21:44
いよいよ次はかりんさんちの番ですね♪
お嫁さんの身体を考えれば
確かに大きくなり過ぎないうちに産めれば楽でしょうが
やっぱり、その時を自然に任せて待つ方が良い気がします。

4キロを超えたら、そりゃ~もだえますね。
うちの息子も3550gでしたが
さらに500gも大きいって・・・想像を絶します。
今さらながらお疲れさまでした。

かりんさんのばあちゃんデビュー
私も楽しみに待ってま~す(^^)
by shi_chan1024 | 2014-07-09 23:59 | しーちゃんファミリー | Comments(2)