つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

何とか1ヶ月

今日は退院後2度目となる娘の健診日。
今回も私の母が付き添って出かけた。

おかげさまで娘の身体は回復に向かっている。
すでに母乳は止まり、薬は服用していないし
血圧も元の低い数値で安定している。
ただ、腸の動きはイマイチでやや便秘気味だが
それでも元気が出てきた娘である。

子宮の戻りも問題はないとのことで一安心。
「このまま出血が止まらなかった時には
子宮を全摘します」
1ヶ月前の魔の日、娘婿は先生にそう言われた。
娘婿がどんな気持ちで書類にサインしたかと
思い出すだけでも胸が痛い。

今日は娘の胎盤についての話があったそうだ。
早期に剝れてしまった娘の胎盤だが
胎盤そのものには全く問題がなかったと言う。
形が悪いわけでも何でもなく
異常は見つからなかったそうだ。
凛太朗がしっかり育っていたのを見れば
そうであったろうと思う。

高血圧は原因の1つになりうると言われているが
本当のところは定かではない。
早期胎盤剥離の原因は不明なのである。
実は凛太朗を調べることもできるとの話もあった。
それで原因が分かること「も」あると言われたが
娘婿が断った。
小さな身体にメスを入れるのは忍びない。
これ以上傷つけたくないと。

本当なら娘は
これから2年近い育休に入るはずだった。
けれど死産であればそれもない。
娘の産休は産後8週間となる6月2日までで
3日から出社するようにと会社から通知が届いた。

だが、娘は通常の出産ではなく
通常の帝王切開でもない。
実際、体力はまだまだ戻っておらず
スーパーへ買い物に外出するだけでグッタリだ。
あと1ヶ月で毎日電車に乗り
いきなりフルで勤務するのは難しいかもしれない。

それでも徐々に
元の生活に戻して行かなければならない。
現実は厳しいものだと改めて思う。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-08 23:01 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん