つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

彼女の領域に侵入

今日もいつものように派遣女子は出かけた。

毎日毎日よくもそんなに用事があると思うが
決まって10時半から1時間は帰って来ない。
銀行も郵便局も歩いてすぐのところにあり
待ち時間を入れたとて、かかり過ぎだ。
日によってはお昼近くに戻ることもあり
どこの銀行まで行っているのかと思う。

会社ではユニマットのコーヒーを使っている。
定期的にスタッフが補充に来てくれ
その対応は派遣女子が全て仕切っている。
今日は朝から社員用の紙コップが切れていて
彼女がスタッフを呼びつけたらしい。
11時半頃、突然やって来た。

けれど私は何1つ聞いていなかった。
当然急いで帰って来るものと思ったが
そのまま待たせておくわけにもいかない。
とりあえず、紙コップの補充と
その他の消耗品もチェックしてもらった。
さらにチャンスなので、スティックタイプの
レモンティーとミルクティーも頼んだ。

実はコレ、以前は常にあったのだが
その後、彼女の独断と偏見で中止された。
けれど先日、私は男性社員たちの
「たまには飲みたいから入れてほしい」
と言う声を聞いていたのである。
直接彼女に言ってくれればと思わなくもないが
言いにくいのかもしれない。

実際、変な話だ。
これらは彼女に買ってもらっているのではなく
会社の経費なのである。
お茶っ葉だって然り。
使い過ぎだと言われる筋合いはない。

全ての補充が終了しても彼女は帰って来なかった。
課長も出かけていたため支払いは私がするしかない。
私は金庫から彼女の領域である手提げ金庫を出し
支払いを済ませた。
初めて触るものであり、初めて開けた手提げ金庫だ。

お昼になって戻った彼女に報告だけ済ませた。
「紙コップ入れてもらいましたよね!?」
と言う彼女には
「当たり前だろ!」と心の中で声を大にしながら
「2本入れてもらいました」
とだけ言った。

午後、彼女宛ての電話を取った。
「××さん、△△からです」
と伝えたが、彼女は私を見るでもなく
ウンでもスンでもハイでもなく受話器を取った。
他の男性社員は部長も社長も含め
必ずハイと言うなり手で合図するなり
頷くなりするというのに・・・何なんだこの女。

あ~・・・今日が休みで本当に良かった。
4日間で体力気力ともに使いきった1週間だった。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-03-20 23:53 | 会社・転職 | Comments(0)

激動のしーちゃんブログ


by しーちゃん