今度は鳴き声・・・

隣りの家の犬が原因だった悪臭事件は
境のブロック塀の穴を塞いだことで
とりあえずは落ち着いている。

現在、あの何とも言えない悪臭が
我が家の玄関前で漂うことは無くなった。
穴を塞いだと同時に
犬を自分ちの玄関脇に移動させたことと
今が冬であることが幸いしているのだろう。

けれど実際は何も変わっておらず
新しい場所はいつ見ても糞がてんこ盛り。
そばを通ればやっぱり臭い。
これまで我が家寄りの駐車場で飼っていた時は
たま~に水を流して洗っていたようだが
現在はそれすらしていない。
さらに散歩に至っては全くさせていないようだ。

それでも悪臭の日々から解放されたことで
私は心からホッとしている。
これからは何も気にすることなく
リビングの窓を思いっきり開けられるのである。

ところが、そんな幸せな気分も束の間だった。
今、私が悩まされているのは鳴き声だ。
お隣の犬は老犬だからか
これまであまり吠えることは無かった。
それが最近はストレスなのか何なのか
やたらと吠えるのである。
それも、昼夜が逆転しているようで
私が本気で寝ようとしている
夜中の0時半頃から決まって鳴き始めるのだ。

それも「ワンワン」という吠え方ではなく
「フェ~」とも「ホェ~」とも聞こえる
甲高い、耳につく鳴き声である。
うちでもこれだけ気になるのだから
向かいの家はさぞかしうるさいことだろう。
それがここ最近は毎晩繰り返されている。
あ~・・・最悪。

さらに、せっかくの休養日であった昨日は
昼間もず~~~っと継続して吠えていた。
私は何度も閉め切ったリビングで
「うるさ~い!」と叫んだ。
犬好きの人には気にならないのかもしれない。
けれど私はダメだ。
あれだけ鳴かれたらイライラする。
もっとも、飼い主に言わせれば
私は「神経質」らしいが。

臭いの次は鳴き声だよ・・・。
あ~もう、溜め息しか出ない。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-01-20 20:52 | ご近所さん | Comments(0)