つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

犬を移動

その後も続く隣の犬が原因の悪臭事件。

先日業者さんにお願いし、隣との境にある
ブロック塀の穴をこちら側から塞いでもらうことにした。
その塀沿いが犬のトイレと化している今
我が家にできる最後の自衛策である。
「気休め程度だと思いますよ」
と業者さんには言われたけれど
それでもやらないよりはいい切羽詰まった状態だ。
近々作業に来てくれることになっている。

当のNばあちゃんはと言うと
「友人にも見てもらったけど
『暮らせないほどじゃない』と言われたわ」
と綺麗好きのHばあちゃんに話したそうである。
さらには
「しーちゃんが神経質すぎるんじゃないかしら。
鼻がマヒしちゃって臭いと思い込んでるだけで。
ほら、元々神経質なところがありそうじゃない」
とも言っていたらしい。

冗談じゃない。
だったらその友人をうちに住まわせたらいい。
このオエ~となるほどの悪臭を日々嗅がされれば
そんなことは口が裂けても言えないだろう。
それに私は神経質ではない。
私の長年の仲間たちに訊いてみればいい。
私を「几帳面」と言う友人はいても
「神経質」という人はいないだろう。
実際、自分の世話のいい加減さで
迷惑している隣人がここにいると言うのに
その言い草には開いた口が塞がらない。

けれどHばあちゃんがしつこく言ってくれた効果か
ついに、これまで駐車場で飼っていた犬を
玄関脇に移動させることにしたらしい。
1畳ほどのスペースしかない場所で
しかも大きな木の下にセメントを塗り飼うようだ。
とりあえず何やらの行動をしてくれたことには
素直に感謝である。

けれどそれがベストかどうかは分からない。
確かにこれまでより犬との距離はできるが
逆に道路沿いの場所である。
今のようにそこに糞尿を放置すれば
悪臭は道路中に漂うだろう。
そしてそれがまた
我が家の玄関前まで来ないとは言い切れず
どの程度の効果が期待できるか
とても楽観視はできない。

それにしても
飼い主の都合で散歩にも連れて行ってもらえず
今度は木の下の狭い場所に押し込まれるとは
何とも可哀想な犬である。
何度も言うが、犬には全く罪は無く
そもそもその方法自体私の意図するところではない。
問題は飼い主の世話の仕方なのだ。

それでも木の根元はセメントで埋められた。
昨日のことである。
考えてみれば20年以上の大木にとっても災難だ。
これだけの犠牲を払ったのだから
悪臭事件解決!と行きたいところだが
そう簡単に行くかどうか・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-11-02 12:17 | ご近所さん | Comments(0)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん